60代女性の乾癬体験の声を紹介します。

10代の頃、私の皮膚に異常が出ました。
その当時、美容師の見習いとして住み込みで働いていました。
掌に湿疹が出て、その湿疹から汁が出て、

その後はひどいあかぎれの様な状態になりました。
そして血が滲むようになりました。
美容師という職業柄、色々な薬品に触れるていました。

最初は、そのでそのせいだろうと思っていましたが、
その症状が徐々にひどくなり、
お客様に触れるのをはばかられる様な状態にまでなりました。

また、周囲の人達からは触れるとその湿疹が感染するのではないかと
不安に思われるようになりました。
夢だった美容師は泣く泣く諦めました。

それから一旦は症状がおさまって治ったと思っていました。
しかし、数年後にまた同じような状態になり、
皮膚科で診てもらいました。

その時は、ベッタリと薬を塗ってさらに包帯でグルグル巻きにされました。
その状態で数カ月後には症状がおさまりました。
しかし、また発症するの繰り返しでした。

次第に手だけではなく、腕や足にも症状が出るようになりました。
その度に皮膚科で診てもらったり、病院を変えて検査を繰り返しました。
病名すら分からないまま症状はひどくなる一方で、足の皮膚に至っては

象の皮膚のように固くゴチゴチになりました。
その皮膚が肉まで切れるようなひび割れになります。
夜、布団に入って体が温まると全身が痒くて我慢できません。

知らず知らずのうちに掻き毟っているようで、
朝起きると、シーツは血液の痕と落ちた皮膚でいっぱいです。
もうこのまま治ることはないだろうと思っていました。

娘から「それって乾癬なんじゃない?」と言われ、
パソコンのページを見せられました。
そこには私と同じような皮膚の状態の写真がありました。

この方達が乾癬なら私も乾癬に違いないと思いました。
皮膚科に行き、「この皮膚は乾癬ですよね?」と医師に質問したところ、
そうだろうと言われました。

ですが、出して頂いた薬はこれまで使用していたものと
変わりなくがっかりしました。
そこで娘に頼んで乾癬の治療法を探していました。

それで、こちらのDVDを見付け購入させて頂きました。
それまではこの皮膚の状態と食べ物が関係してるとは
考えたこともありませんでした。

先生のお話しを聞くとなるほどと思うところが随所にありました。
それからは毎日暇さえあればテアテを実践しています。
まだ乾癬が治ったとは言えない状態です。

しかし、着実によくなってきているのは確かです。
これからも毎日しっかりと実践し、改善に努めたいと思っております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

乾癬に対する新しい考え方が公開されています。
>>詳細はこちらをクリック