乾せんは治療が難しいようですね。
どうして治療が難しいのでしょうか。
それは、原因がはっきりとわかっていないからです。

そのため効果的な治療法を開発できないでいます。
だからといって、もう治らないとおもってはいけません。
悲観してもいけませんね。

悲観していても乾せんは良くなりませんから。
かえってストレスを抱え込むことになります。
乾せんが悪化してしまう恐れがあります。

悲観する前に乾せんの治療とはどんな
ものなのかを学んでいきましょう。

そうすることでより効果的な治療を
受けることができるようになります。

乾せんの治療法について

○光線療法

乾せんの症状が現れている皮膚に特殊な光線を当てます。
光線療法には紫外線照射と薬剤を合わせて行う
PUVA療法と紫外線照射だけを行う2タイプがあります。

○生物学的製剤

特に症状のひどい乾せんの治療に用いられます。
どこの病院でもこの治療が受けられるわけでは
なく、大学病院などの大きな病院でしか受けることができません。

○外用療法

ステロイド外用薬や活性型ビタミンD3を
乾せんの症状がでている部分に直接塗ります。

○内服療法

乾せんの症状を抑える薬を1日に決められた回数、
決められた量飲みます。

乾せんにはこのようの治療法がありますね。
外用療法や内服療法で治療が
行われるのが一般的になっています。

乾せんは同じ治療を長期間行うと効果がだんだん薄れてくるようです。
ですから、定期的に治療を変える必要があるようですね。

下記のサイトには自宅でできる乾癬の治療法が掲載されています。
>>詳細はこちらから