爪に乾癬ができることもあるようですね。
乾癬って皮膚の病気じゃなかったの、と驚かれる方もいるでしょうね。
爪は皮膚の一部なのです。

ですから乾癬が発症してもおかしくはないんです。

爪の乾癬とは?

尋常性乾癬では2割、関節症性乾癬では
8割の割合で爪に発症するようです。
爪の乾癬になるとどうなるのでしょうか。

まず、爪が変形したり、剥がれ落ちることがあります。
この症状の恐ろしいところは、両手と両足一気に発症することでしょうか。
両手の爪がなくなったら、見た人は本当に驚きます。

そのような人目を気にして苦しむ患者さんも多いようです。
爪の乾癬の治療はとても難しいのです。
爪の乾癬を放っておいてはいけません。

医師と相談していけば効果的な治療の方法も
見つかるかもしれませんね。
もし、爪に異常を感じたら、すぐ医師に相談したいものです。