どの病気の治療においても簡単な治療は、飲み薬を飲むことですね。
乾癬の治療でもしかりです。
しかし、ただ薬を飲むだけではどんな効果があるかわかりませんね。

とても不安ですよね。
ここでは乾癬の飲み薬の種類や効果、
飲むときの注意点について紹介していきます。

●飲み薬の種類

*ビタミンA誘導体
表皮細胞の増殖を抑えます。

*免疫抑制薬

免疫抑制薬にはメトトレキサートとシクロスポリンの2種類があります。
シクロスポリンは免疫の反応を抑えるのにとても効果があります。
メトトレキサースは保険が適応されていないです。

それで、乾癬に使われることはあまりないようです。
ただ症状がひどい場合には用いられるようです。
乾癬の飲み薬には、細胞が異常な程に増えるのを抑える働きがあります。

さらに免疫の働きを抑える働きがあるようですね。
この薬を飲めば乾癬が治るんだと思わないでくださいね。
薬には少なからず副作用があります。

この服作用について知っておく必要があります。
そうでなければ、体の異常に戸惑ってしまうかもしれません。

●乾癬の飲み薬の副作用

*ビタミンA誘導体

赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があります。
妊娠中の人は使用することができません。
また、ビタミンA誘導体を飲まなくなっても女性は2年間、
男性は6ヶ月は必ず避妊をしましょう。

*シクロスポリン

血圧を上げたり、腎臓にダメージを与えたりっする副作用があります。
シクロスポリンを飲んでいる間は定期的に血液検査などを受けましょう。

*メトトレキサート

長い間飲み続けると肝臓にダメージを与えてしまいます。
シクロスポリンと同じく、服用している間は定期的な検査をしましょう。
残念ですが、どんな良い薬にも少なからず副作用があります。

どの病院でも服作用を考慮した上で薬はだされます。
効果が出ないから、といって勝手に飲む量を増やしたりしてしまうと大変です。
思わぬ服作用に苦しむことになります。

専門医の指示は乾癬を早く治すためにも守りましょう。
>>詳細はこちらから