乾癬はまだ確実な治療法が解明されていない皮膚疾患ですね。
治療方法には、おもに塗り薬、光線療法、飲み薬があります。
患者さんの治療には、まず塗り薬から始めるそうです。

どんな塗り薬を使うのでしょう?
その注意点は、何でしょうか?
色々と気になりますね。

○ステロイド外用薬

効果の強さは5段階に分けられます。
乾癬の治療薬としてずっと使われてきた薬です。
炎症を抑えます。

乾癬の症状によりどれを使うかが決められます。
ただ、強い効果のステロイド外用薬が使われることが多いようですね。
短期間での効果が期待できます。

しかし皮膚が薄くなったり出血したりといった副作用もあります。
長い間の使用は注意が必要になります。

○活性型ビタミンD3外用薬

・免疫反応を調節する
・肌の細胞の増殖を抑える

といった効果があります。
ステロイド外用薬にあるような副作用が見られないようですね。
それで乾癬の治療に用いられることが多くなっています。

それじゃあステロイド外用薬じゃなくて活性型ビタミンD3外用薬を
使った方がいいことになりますね。
しかし、そうでもないようです。

肌が薄くなったり出血したりすることはありませんが
活性型ビタミンD3外用薬は効果が出るまでにかかる時間が長くかかるようです。
また、食欲不振や脱力感といった副作用がでてくることもあるようです。

○塗り薬の注意点

ステロイド外用薬や活性型ビタミンD3外用薬といった
塗り薬を使うときにはいくつか注意点があります。

①軟膏、クリーム、ローションを使い分ける

塗り薬の剤形には軟膏、クリームローションの3種類があります。
それぞれ特徴があります。
塗りやすい部位や塗りにくい部位というものがありますね。
塗りにくいと思ったら医師に相談をして剤形を変えてもらいましょう。

②適切な量を塗ろう

クリームや軟膏であれば、
1円玉くらいの量で大人の両手のひらを塗ることができます。
いっぱい塗れば早く効果が現れるというものではありません。
適切な量を心がけて塗りましょう。

③副作用がでたら医師に相談

塗り薬をずっと使っていると副作用が出てくる場合がありますね。
その場合はすぐに医師に相談しましょう。
いっぱい塗ればいい、というものではなく

それではいつまで経っても乾癬は治らないでしょう。
医師の指示に従い適切な量を正しく塗る必要があります。
根気よく時間はかかるかもしれませんが、

毎日の塗り薬で乾癬を治療していきたいものです。
しかし、薬の副作用は、心配ですね。
敏感な肌に直接作用するのが塗り薬ですから・・・。