今では汎発性膿疱性乾癬の治療ガイドラインがありますね。
治療法は患者さんの症状に合わせたものが確立されています。
ほとんどが入院治療となっています。

解熱剤で熱を下げながら安静にしています。
そして体内の水分バランスを点滴によって保っています。
また軟膏を皮膚のバリア機能を回復するために使用しています。

内服薬も道いられています。
それは、エトレチナート(商品名チガソン)という
ビタミンA誘導体が一般的のようです。

この薬でほとんどの患者さんの症状が良くなるといわれます。
さらに症状に応じて、メトトレキサートや
シクロスポリンといった免疫抑制剤が処方されています。

さらに紫外線療法が選択されることもあるようです。
もし改善が十分でなければ、ステロイド剤が使用されていきます。

汎発性膿疱性乾癬の治療後は正常な皮膚に戻る場合と、
膿疱が繰り返し出現する場合があります。
もしくはそのまま尋常性乾癬へと変化する等さまざまなようですね。

乾癬はまだまだ解明されていない部分も多いようですが、
民間でもいろいろな治療法が試されているようです。
その中でも効果があるような治療法もネットで紹介されています。
>>詳しくはこちらをクリック