乾癬という病気があります。
写真を見ると恐くなりますね。
乾癬は聞き慣れない病気です。

発症することも多くないのですが、
珍しい病気でもありません。
実は、乾癬はとっても知られている病気んですね。

30~40代の男性に乾癬は多くみられるようです。
乾癬の患者さんはどんどん増えてきているようです。
今、日本では3~16万人ほどいるようです。

こんなにたくさんの患者さんがいるんですね。
驚きです。
乾癬はだれでも発症する可能性はあります。

自分も発病するかもしれないと考えて乾癬について勉強しておきましょう。
乾癬の知識があれば突然発病しても大丈夫です。
早期に病院へ行くことができますね。
日常生活や食生活気をつけ瑠事が分かりますね。

乾癬の症状と似た病気

○ジベールばら色粃糠疹
○慢性湿疹
○脂漏性皮膚炎
○股部白癬

この症状だから乾癬かもしれないということで自分で判断してはいけません。
ましてや治療をだめですね。
必ず専門医に診断をしてもらう必要があります。

乾癬の合併症

○乾癬続発性紅皮症
○関節症性乾癬
○汎発性膿疱性乾癬

などの合併症を引き起こす可能性があります。
乾癬の症状だけでも辛いのに合併症まで発症したらたいへんですね。
日常生活に支障をきたしてしまいます。

皮膚に赤い発疹などがでたら面倒くさがらずに
早期に病院へ行きましょう。
また、どのような病気にも必ずガイドラインという
ものがあります。

医師が病気を治療するとときはそのガイドラインに従います。
どのような治療を行うのが適切かを判断します。
乾癬のガイドラインでは根治させるのではなく、
いかに症状を軽くすることができるかが目標になってています。

乾癬の治療法

○内用薬治療
 エトレチナートやシクロスポリンAの服用
○外用薬治療
 ストロイド軟膏などの塗り薬を皮膚に塗る
○生物学的製剤
 ヒュミラやレミケードの新薬を使用する
○光線治療
 紫外線を皮膚に照射する

などの治療法があります。
これらの治療法を患者さんの症状を診ながら行います。
単独ではなく組み合わせて治療を行なうこともある

乾癬治療をする時

○治療にかかる費用
○症状は軽度か重度であるか
○どのような生活習慣をしているか
○合併症は引き起こしているか

などの様々な情報を収集します。
自分に一番合う治療を行います。
ガイドラインを設定することで、

ただ単に治療を受けるのではなく費用や環境なども考慮しましょう。
ガイドラインってとっても大切ですね。
こうして医師と二人三脚で治療を行なっていきましょう。
そうすると乾癬の症状も次第に良くなっていきます。

>>乾癬は病気じゃないんだ