ヒュミラは注射での治療法です。
ヒュミラには、乾癬の他にも、間接リウマチ、関節炎、クローン病などの
症状にも効果があるようですね。

ヒュミラは、生物学的製剤と呼ばれてTNFαを標的とした新しいタイプの薬です。
遺伝子工学技術(バイオテクノロジー)と
呼ばれる最先端の技術によって開発された薬を

生物学的製剤といいます。
生物が産出するたん白質を利用して作り出されます。
しかし、ヒュミラの成分で過敏症が出たことがある方、

活動性結核(治療が必要な結核)にかかっている方、
脱髄疾患(多発性硬化症など)にかかったことがある方、
うっ血性心不全の方

重い感染症(敗血症、肺炎など)にかかっている方、
上記の方には使用する事ができません。
また、副作用が出てしまう場合もあるようです。

○間質性肺炎
○感染症(結核、敗血症、肺炎など)
○黄疸

○アナフィラキシーショック
○アレルギー症状
○脱髄疾患

○ループス様症候群
○肝機能障害
○劇症肝炎

○血液障害、
○肝不全

などの症状が出てしまうこともあるようです。
少しでも異常を感じたらすぐに主治医に連絡しましょう。
風邪など感染症を予防するために、

ヒュミラの治療を受けている際は、
外出から帰ったら手洗いやうがいを実施しましょう。
体調管理ノートを活用して、体調管理をしっかり行い、

体調管理に努めましょう。
ヒュミラの治療は隔週(2週間)ごとの治療になります。

できるだけストレスのない生活を心掛けて下さい。
ヒュミラを治療できる病院は限られています。

乾癬に関する新しい治療法が掲載されている
サイトがあります。
>>詳細はこちらをクリック