赤い発疹とその上に白色の鱗屑
(皮膚上皮の角質細胞が剥がれ落ちたもの)を
伴う発疹が出現するものを乾癬といいます。

病変部は周りの皮膚より
すこし盛り上がった状態へ移行します。
大きな紅色局面を形成します。

頭皮、膝、肘など外部からの刺激が
強い部分に出来やすいですね。
全身どこにでも眼球と口唇以外ならば発疹が出現します。

では、乾癬はなぜ発疹してしまうのでしょうか?
現在は乾癬が発症してしまう原因は残念ながら
はっきりと分かっていません。

しかし、乾癬患者の家族に同じく
乾癬が発症するケースが多いようですね。
ですから、

ある程度遺伝的な要因もあるのではないかと考えれています。
遺伝的要素にストレスや、感染症、
薬剤といった何かしらの外的因子があります。

肝臓病や糖尿病といった内的因子が加わることもあります。
それによって、乾癬が発病したりしますね。
もしくは乾癬が悪化したりするのではないか考えられています。

今現在注目されているのは、生活環境と乾癬との関係ですね。

主に、

○肥満。
○日常的な食事。
○アルコール。
○風邪などの病気と乾癬の関係性についてです。
○ストレス。
○喫煙。

生活習慣病と乾癬の関係の中でも
重要なキーワードになっているものがあります。
メタボリック症候群がそれです。

メタボリック症候群とは、脂肪が蓄積して
ホルモンバランスが崩れていきます。
脳卒中、糖尿病といった生活習慣病を引き起こします。

調査によると乾癬患者には肥満傾向があることは事実のようですね。
今後ますます研究が進んでいきます。
そうなると乾癬が発症する原因が分かる日がくると思います。

その時には、治療法も、より有効なものが研究されていくでしょう。
根治が難しいといわれる乾癬も根治ができるようになるでしょうね。
そうあって欲しいと思います。

ネットを調べてみると、乾癬の原因が納得できるように
説明しているものもあります。
参考になると思います。

ぜひ一読してみてくださいね。 
>>詳細はこちらをクリック