乾癬性関節炎または関節症性乾癬という病気があります。
それは、乾癬に腫れと痛みを伴い関節炎を合併する病気のことですね。

症状としては、
乾癬の症状に加え、全身の関節に炎症があります。
強ばり、変形などが起こり、痛みます。

関節症状はまさしく関節リウマチと酷似していますね。
進行すると大変痛むものです。
主に、膝関節、指関節、手首、足首などに発症することが多いようです。

肋骨と胸骨の間の関節(胸鎖関節)、鎖骨と肋骨の間の関節、
肩関節などに炎症が起こることもあります。
乾癬に関節炎が伴う原因はまだはっきりとは分かっていません。

ただ、炎症の病気で免疫の異常によって発症すると考えられます。
また、家族性発症が多いようです。
何らかの遺伝的素因があるものと思われています。

炎症と痛みに対し痛み止め(非ステロイド抗炎症薬)を
関節炎の治療として用います。
抗リウマチ薬も用いられます。

特に関節炎と皮疹に効果的なのがメトトレキサートであるといわれています。
インフリキシマブ(レミケード)と
アダリムマブ(ヒュミラ)は腫瘍壊死因子(TNF)の阻害薬ですね。

最近、保険適応となりました。
これらの製剤で、多くの患者様で関節症状はもちろん皮疹にも
今までにない画期的な効果がみられているようです。

しかし感染症などの副作用が問題となることもあります。
専門の医師によく相談しましょう。
乾癬に関節炎を伴うと、全身の痒みとともに

関節に痛みがあるため、睡眠が妨げられたりします。
また、筆記具や箸を持てなくなったり、
着替えに介助がいることもありますね。

死に至る病ではないと理解していても、
辛いものがあります。